« 朝散歩 | トップページ | トラヴィス BOS(ベスト・オブ・オポジットセックス)です! »

2010年10月 5日 (火)

奈落の底から宇宙へ!(長文です^^;)

さて、ためちゃってた日記をつらつらと書いちゃいまぁす♪
えっとぉ、まず9月25日、群馬県前橋市でのドッグショーですが…
0925f0888 この日は、『朝からず~っとパドックに一緒に居て、リングまで一緒に移動して、目の前で応援しちゃう』と言う、とんでもないパターンを試させてもらったのですが、トラちゃんてば「ぜんぜんやる気ナッシング(^o^;」でした(--; 無謀なパターンを試させて下さった神山ハンドラーに感謝&申しわけない~~m(_ _)m でも、長年、「一緒にいた方が安心してちゃんとするんじゃないかしら?」と大いなる勘違いをしていたのがキッチリわかって納得したおらちぇすまま&パパなのでした(^o^;0925f0862 ↑一応、走りも載せときますが、お尻尾ナッシング(^o^;; あいすいませんm(_ _)m0925f0951darcy ↑そんなトラちゃんに引き換え、見て下さい!この楽しそうな走りを!ちえみちゃんちのダーシーちゃんです♪0925f1110darcy ↑ダーシーちゃんが総合選まで残っていたので、ちえみちゃnファミリーと一緒に応援できて、最後までショーが楽しめて良かった~~(^o^)0925f1077darcy ↑ん~~~綺麗~~☆☆☆☆☆0925f0972 ↑でっ、こちらは応援団の10歳コンビです♪一番似ている親戚さん♪左がおらいおんで、右はちえみちゃんちのミシェルちゃん♪ミシェルちゃんは12月に11歳になるんですよ(^o^)b0925f0969orion ↑おらぽんたら、ちえみちゃん達に思いっきし甘えてます(^-^)0925f0976michell ↑ジョシュアは、おらぽん兄ちゃんが2人になって大興奮!?0925f0982joshuamichell ↑ミシェルちゃん若い!!0925f0989michelljoshua ↑1歳児と全力で遊んでくれるもうすぐ11歳児(^m^) 元気で嬉しい~!0925f0991 ↑色違いのお耳つきスヌードですぅ これ、ちえみちゃんちのママさんのお手製なんですよ♪いくつもプレゼントしてもらって愛用させてもらってまぁす(*^o^*)0925f1163joshua ↑こちらは帰り道で寄ったPAでの一コマ♪可愛いでしょ~~~~☆(親ばか炸裂!お許しをm(_ _)m)
ありゃ、そう言えばこの日はちぇすたぁの写真が一枚も無かったですぅ(^o^;0926f1170 ↑でもでも大丈夫 実はちぇすたぁのお誕生日の直後に、ちぇすたぁにケーキのプレゼントが届きまして、それをうまうま(^-;^)した時の写真でお茶をにごす事にします(爆)0926f1178 ↑あまりに美味しそうなので大興奮のため、リード付きです(爆)0926f118184 ↑わりかしおりこうに「待て」してますが、「OK!」でバクバクいきますからぁ~~(^o^; でも、上のデコレーション部分を楽しんだところで取り上げて、ちゃんと4分の1ずつに切り分けておらぽん、トラちゃん、ジョッちゃんもご相伴にあずかりました(^-;^) みんな即行で完食でした(^m^)

でっ、話題を週末に戻しまして、前橋のショーの翌日9月26日は愛知県瀬戸市へGO!みいしゃさんが「招き猫まつり」の100人の作家展に出展&益子の作家さんのコーナーに出展していらっしゃったので遊びに行ってきました♪GWに益子の陶器市に行った時に注文した益子焼のお人形を連れて来て下さったのでお引取りでぇす♪0926f1211 ↑見て~~!!!我が家の4兄弟です!特徴出てるでしょ~♪0926f1209 ↑表情も良い感じ~~♪0926f1200 ↑細部がわかるようにフラッシュたいてみました(^-^) もぉ~~ニッコニコのルンルンルン♪でした みいしゃさんありがと~~!!!

そんなニコニコルンルンの日の夜にパパはパリ出張でお出かけ… でっ、翌28日に、おらちぇすままは、奈落の底に落ちたような衝撃を受けたのです…(ToT) 
オシッコのphの問題があって療法食にしていたおらいおんを病院に連れて行って検査したところ、phは7でぎりぎり正常の範囲内で結晶も無く、鮮血もほぼなくOKだったのですが、今度は粘膜が剥離した組織がい~~~~っぱい!v(@o@)v 先生はただ事ではないって感じで、とにかく結石が無いかを調べるのも兼ねてエコーで検査をしたのですが… 素人の私が見てもわかるくらいの膀胱の腫れ…膀胱の壁全体がボコボコ肥厚していて、あきらかになにかあります(--; 診断は膀胱腫瘍でおそらく悪性、尿管など大事な部分を含む膀胱三角と言うところにも及ぶ広範囲の物で切除は不可能そう 抗癌治療をしても6~7ヶ月かも? もう頭グルングルンです… 「でもでも、最近とっても元気なのに…」「痛がるとか頻尿とか、なにも症状無いのに…」「こんなにニコニコご機嫌な患犬がありえるの!?」とにかく、細胞診をするには手術が必要です でも10歳の高齢犬を切ってまで検査するのか… 先生が「次までに、尿中の剥離してきた細胞を遠心分離にかけたもので細胞診出来ないか確認しておくので、ひとまず普通の食事に戻してphがどうなるかを見つつ、抗生剤を与えておいてください」とおっしゃったので、グルングルンしながらも帰宅… 
「まだ悪性ときまったわけじゃないし、こんなに元気だし…」 パパに話したいけど大事な仕事で出かけているパリにまで追いかけては連絡できなくて、ほとんど眠れずに翌朝を迎え、でも、いつも通りにみんなの毎日を過ごさせねば!この1週間はどう過ごしたのかちゃんと思い出せない状態です あ、そういえばちぇすたぁまでびっこひいちゃってますます落ち込んだったんだっけ… それから…確か、雨の朝もおらいおんだけは「絶対お散歩行く!」と言い張ったので行ったっけ… あまりに苦しくて、親しいワン友に電話して聞いてもらってひとしきり泣いて… あぁ、来年は10歳のお祝いが出来るはずだったアイリッシュセタークラブのサマーパティーにはもう出られないんだ…とか、なにをしていても「これが最後かも」「これが最後かも」って考えて… それで10月1日の金曜日にはストレスからか、しばらく無かった喘息発作が頻発して… 3日の日曜日に綺麗に綺麗にシャンプーして「あぁ、こんなに綺麗で元気なのに…」ってまた泣けて… そしてそして、4日の月曜日を迎えたのです 
なるべくフレッシュなオシッコが採りたいと言う先生のリクエストもあり、仕事から帰宅後、排尿させずに病院へ行き、エコーで見やすいようにと、これまた排尿前に診察をしてもらいました と!!!え!!??え!!?? この前ボコボコ腫れていた膀胱の壁が、ツルリ~~ンとすっきりすべすべですよ!!!!!!!!v(@o@)v 先生と2人で「えっ!!?」「えっ!!?」と目を丸くしてエコーを見まくりました。先生、何度も何度も丁寧に時間をかけて検査したけど、膀胱の端の方に少し糜爛(びらん)ぽいのがあるだけで、先日のガンと思しきものが無い!!こんな事がありえるのかと、嬉しいやらホッとするやら、手品でも見ているような、狐につままれたとはこう言う事か!と言うような… 所見は「ごく軽い膀胱炎(?)」 その後採尿して検査するとph6.5で鮮血は少し、結晶はほぼ無しで、剥離組織もなし、ほぼなにも無いOKなオシッコだったんです(ToT) 今度は奈落の底から宇宙へ飛び出したくらいの嬉しい衝撃でした ホッとしすぎて腰抜けそうだった… 診察後、お会計を待っていたら、ちょうど月曜日に帰国して会社に出社してから帰宅するパパから「今から帰るけど迎えに来てくれる~?」って電話が…「今、動物病院」「え!?どうしたん!?誰!?」「パパ、ずるいよ!大変やってんから~~~~~!」(ついつい関西弁)隣で会話を聞いていた事情を知っていた患猫さんの飼い主さんがクスクス(^m^) そのまま、おらぽんと2人でパパを迎えに行き、帰りの車中で今回の顛末を長々と話した私なのでした(^o^;; あ、勿論、話を聞いてくれた友人にもすぐ電話 何が起こったのか不思議な話だけど本当に良かったねって喜んでくれました あぁ、持つべきものは友(TT)ウルウル そんなこんなでこの1週間、私はこれまでの人生の中で1番ブルーな日々を過ごしたのですが(自分が乳癌かと思った時は全然平気だったのになぁ)、そして、いつかは本当に闘病やお別れの日が来るのはわかっているのですが、ひとまず、今は良かったと本当に本当に嬉しかったんです だから、今朝のお散歩はますます格別に幸せなお散歩だったんです(^-^)  とりとめもない話を読んでくださってありがとうm(_ _)m 本当にありがとうございます

|

« 朝散歩 | トップページ | トラヴィス BOS(ベスト・オブ・オポジットセックス)です! »

コメント

あたしがのんきにウォークラリーのお話ししてる時にそんな大変な状態だったんですね、ごめんなさい(__)
喘息もそのせいだったのね。
ママの喘息も治まったのかしら?
おらぽんの事は本当に不思議だね、でも本当によかったね。
自分のことより残るわが子らや、わが子になんかあったときのことを考えるほうがとってもショックでどうしようもなくってつらいよね。
このまま問題なく過ごせますようお祈りしてます。

投稿: chababa | 2010年10月 5日 (火) 22時38分

◆chababaさ~ん♪
ウォークラリー、楽しんでいらっしゃいましたか~?
tetoちゃんちに連絡しようと思いつつ、ごめんなさいm(_ _)m今回連絡し損ねてしまいました~~m(_ _)m
のんきになんて、そんなことないのよぉ 普通が一番だもの!
喘息は、どうやらストレスが引き金になって本格的に始まっちゃいました(^^;
でも吸入とパッチで頑張って抑えまぁす

おらぽんの事は、本当に魔法みたいに消えていて不思議なの…
でも、同じ日に診察に来ていた18歳の猫ちゃんも、もうなくなると思ってたのに、そこの病院へ移ってきたら良くなってるんだって!「先生、魔法使いかも」って話してたのよ(^m^)

とにかく、今はひとまず良かった…
でも、これから先、必ず通る道なので、もっとしっかりしなきゃと反省した私です(^^;

投稿: おらちぇすまま | 2010年10月 5日 (火) 22時53分

Orchestra&joshママ&パパさんへ
暑くて長い夏も漸く過ぎて秋の気配も本格的に感じられる季節になりました。パパさんの巴里御出張も無事御帰還とのこと、その間のママさんの御苦労、本当にお疲れさまでした。ブログを拝見している一人として身につまる想いで読ませて頂きました。それにしても、年長のオラポン良かったね。そしてチェス君まで心配で脚を引きずりだすとは!!ファミリーの団結力の強さを感じさせて頂き、感服しております。どうか、ご夫妻と四人のお子様のご健康と御多幸を心の底からお祈りしております。上野の渡辺バロンヌ(IS♀-6歳になりました)パパより

投稿: 上野の渡辺バロンヌ パパ | 2010年10月 6日 (水) 13時22分

◆バロンヌ パパさん♪
コメントありがとうございまぁす!
本当に秋の気配で涼しくて過ごしやすい季節になりましたねっ♪
長い文を読んでくださってありがとうございます(^-^)
おらぽんは、本当に不思議ですけど良かったです♪
ちぇすたぁは、多分、寝てる時に敷いててしびれていたのではないかと…(^o^; 爆

みんな年を重ねて行くので、いつかは闘病やお別れの日が来るとはわかっているのですが、その日が訪れるのが少しでも遅ければ良いと願う今日この頃です(^^)

バロンヌちゃんは6歳になられたんですねっ
一番充実していて美しい時期の気がします
お会いして一緒に遊べる機会などがあれば嬉しいな~~~☆

投稿: おらちぇすまま | 2010年10月 6日 (水) 19時51分

そんな大変なことがあったとは…
でもほんとよかった!!
まだまだ元気でいてくれなきゃ困るよ~!!

ファミリー皆さま、お身体を大切になさってください☆

投稿: 小姉 | 2010年10月 6日 (水) 21時54分

◆小姉ちゃ~ん♪
いやぁ~~~びっくりでしたが
今のところは大丈夫みたいでホッとしています(^^)
まだまだ元気でいて欲しい~!

お互い元気に、楽しい毎日withわんこず を過ごしましょう~♪

投稿: おらちぇすまま | 2010年10月 6日 (水) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝散歩 | トップページ | トラヴィス BOS(ベスト・オブ・オポジットセックス)です! »